ゴルフスイングが綺麗になる方法

フォームは矯正できる

私自身は、小学校2年の頃に、その当時キャディをしていた母親にすすめられてゴルフを始めました。

その時に徹底的に矯正され続けたのがスイングフォームです。

流石にキャディをしていただけあるのか、綺麗なフォームをいくらでも見ていた母親は、かなり厳しく、本人(私)の意に反して楽しみよりも、訓練のように叩き込まれました。

お陰様で今は何の恥じらいもなく、綺麗なフォームと言われる状態でゴルフを楽しめています。

ほとんどの方が1人でホールを回ることは無いと思います、そうすると気になるのが、素晴らしいクラブやスコアと綺麗なフォームなど、他人に魅せれる部分が多いにあると思います。

クラブは良いやつ買って下さい(笑)合うかは保証しません。そしてスコアはすぐには伸びませんがフォームは綺麗にできます。

もちろん今までずっとやってきた方ほど、矯正するのは難しくなります。矯正するにしても、上手く飛ばなくなったりします。

しかし、私がオススメするのはそのような事はなりません。

 

打った後、皆さんどのような体勢になってるか自分で把握していますか?

しっかりと把握してる方、実際は少ないのでは無いでしょうか、もし汚いよと言われたり、言う事に気分悪くしたら困りますよね?言えませんよね。

どの関係の方と行ったところで誰しも悪く言う事はできないと思います、そうしますとフォームはスクールや自分で意識して鏡などで確認する他ありません。

打つまではそれぞれ決まってしまっているフォームがあると思います。それを変えると誰しもが上手く打てません。

そこはまた全て変えたい方の為に1から詳しく書きたいと思います。

 

 

私が他の方や鏡を見て、1番重要だ!と深く感じたのは打った後の姿勢でした。

前置きが長くなりましたが、そこを意識するだけで相当違います。

クラブを背負ってるように見える、背中が丸くなっている、斜めになっている、等など…

 

とても残念です!

その格好で真っ直ぐに球が飛んでもなぁ、と思われてますよ。

振り抜いた後、自分の自然に作られた姿勢から意識した姿勢に移行して下さい!

先ず、形を作ってみます、家などで確認しながらやってみて下さい。

  1. 普通に立って、いつも構える時にひらいている足の幅にします
  2. 左足に体重を移動して、右足の膝を軽く曲げます
  3. その状態で腰から上をグイッーと打つ方向であろう向きまで回します
  4. 背筋伸ばして下さい
  5. 体の正面や背中まで回ってる状態など、好きな位置でクラブを持ってください

これだけです!!これが綺麗なんです。

面白いぐらいに綺麗に見えます、終わり良けれは全て良しを体現しているかのようです。

 

そしてその格好を覚えて下さい、1から意識していくのはおかしくなりますので、終わりの格好だけ覚えて下さい。

 

普段のゴルフや練習場で、球を打ち終わった後に思い出したかのようにその格好にしてみて下さい!

物凄く単純ですが、どんなにへんてこなフォームで固定されてしまった方でもこれだけで綺麗になります。

1から直したい方に、スウェーからの事は別で書きます。

 

では良いゴルフライフを!!

スポンサード リンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

いつか、もっと、きっと、多分、将来は、、、 そんな簡単で曖昧な言葉で人は救われる。 そんな単純な人間、楽しもう!