完璧なゴルフスイングのために矯正する事3

完璧なゴルフスイングのために矯正する事1

完璧なゴルフスイングのために矯正する事2

 

一応これでスイング矯正の事はラストにします。

さて、前回までで重要な事の大半は、簡潔させてお伝えしました、今回はさほど上手くにはならないかなと。

うーん、フェースから球が離れるまで感覚分かる人ってどのくらいいるかわかりません。
そうすると今回は簡潔的には言いようがあまり無いです。直接教える事はできますが…

では今回どこを変えてもらうかと言いますと手首の使い方ですね。

 

手首って正直意識しずらいのですが、インパクト時から球が離れるまでの間に手首を返してはダメです。

手首はスイングの中で自然に返ります、まぁあとはコックですね…

私自身はノーコックで打ちますが、コック(左手首の角度をつける)を使って打つ人はとても意識して欲しいです。

コックにも種類があります、しかし総じて言える事があるとすればコックを使うと、手首を回すことを意識してしまい球筋の安定性に欠けます。

そしてその場合大抵が、スムーズには見えません。

あー手首を無理矢理回して打ってんなーってのが良くわかって窮屈そうです。

 

飛距離等を伸ばしたい方に推奨としてはアーリーコックなのですが、安定と綺麗さが第1.2の私としましてはノーコックをオススメしたいです。

 

前回までの記事と合わせて、ノーコックでやってもらえると凄く安定します。

 

で、コックを使う人に意識してもらうのは手首を無理矢理使わない事ですね、アドレスからテイクバック、トップになった時には既にコックをしている状態に移行しているとは思います。

その後インパクトの時にはアドレスした状態の手首に戻っているはずですが、その時手首を無理に返さないようにして下さい。

癖付くとどうしようもなく、目も当てられません。

 

コックは上手く使えれば非常に役立つ技術の一つではありますが、完成させるまでには一行程増える分難しくなります。

コースを回っている時、疲れてきたりしてバランスが崩れた瞬間から制球は失われます。

 

ですので、コックなどで手首を活用している方はかなり意識して下さい。

今回、上手く纏まりませんがお許しを!

 

手首は無理に使わない。

ここまでが綺麗なスイングの基本だと思います。インサイドアウト、脇をしめる等、他にも細かな点はいくつもありますがそれはまた別の時にちょこちょこ更新します。

 

では良いゴルフライフを!

スポンサード リンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

いつか、もっと、きっと、多分、将来は、、、 そんな簡単で曖昧な言葉で人は救われる。 そんな単純な人間、楽しもう!