ゴルフのルール、これもダメなの?よくやってしまう違反!

これは覚えておきたいルール

 

ゴルフのルールって思ってる以上に多いし、複雑です。ペナルティの種類も1打ペナルティと2打ペナルティと競技失格のペナルティとあります。

練習場で打ってる時はマナー違反以外は無いので安心ですが、いざホールに出るとなると、キャディさんもいるし、一緒に回る方もいる。1人知らないだけで足を引っ張るなんてことになるかも?そんな事にビクビクしながらプレーなんて楽しく無いですよね。

 

ですので今回、やりやすい違反をまとめてみたいと思います。

まず違反しやすいペナルティを箇条書きにしてみます!

1ペナルティから

1.ティショット以外での止まっている球に触れたり動かした場合(周りを踏んで動いた場合も)

2.球が割れた時などに同伴プレーヤーに告知無しで拾い上げる

3.※ラフなどに入った時に探している時、知らずに自分の球を蹴飛ばす(この場合1ペナで元の位置に戻す事により1ペナルティとなる)

4.球に被さってしまった枯れ葉などを取り除いた時に球が動いてしまった

この4項目は結構やってしまいます。他の主な1ペナルティ

球の2度打ち、池(ウォーターハザード)に入った場合、球を見失う、OB、アンプレヤブル、打った球が他人に当たる

2打ペナルティのよくやってしまう違反

1.ラウンド中にバンカーなどで練習打ちなど球を打っての練習ストローク

2.他競技者にアドバイスをする

3.アドレスに入った時ハザード(バンカー砂や池の水)に打つ前にクラブが触れる

4.スタートに遅れる(5分以内)

5.クラブの本数の14本を越える

の5項目はやりやすいです。注意しましょう。

他の主な2打ペナルティ

他人の球を打つ、グリーン上でパター以外のクラブで打つ、※蹴飛ばしたのに打つ、グリーンで打った球がフラッグに当たる

などです!2打ペナルティは意外と多いのでコンペなどでは気にしたいところですね、しっかり覚えておけばほとんどやる事は無いでしょう。

失格ペナルティ。これは正直やる事はほぼ無いので紹介だけ。

重大なマナー違反、規定数14本の超過、不正な打順を決めた、ティ区域外から打った後訂正してない場合、スタートの遅刻(競技の取り決めによる)などです。まぁ、ほぼやらないでしょう。

 

この紹介した項目を徹底していればまずペナルティは受けないでしょう、ただしOBなどのペナルティは別物とします。

仲間内のみで楽しむ分には舐めたプレーしなければ良いと思います、クラブキャディさんをつける場合はキャディさんに対してもマナー違反をしないよう注意しましょう!

 

では良いゴルフライフを!

スポンサード リンク




3 件のコメント

  • 何事も、出来る出来ない以前に守るべきものがありますよね。
    ゴルフは紳士のスポーツなだけあってルールとマナーを守れること前提ってことですね( *˙ω˙*)و グッ!

    • nyamさんコメントありがとうございます!
      ゴルフは紳士のスポーツと言われながらも一時期衰退気味になり、そのせいでランクを下げざるを得ないコースがいっぱいありましたので、マナーを知らない方も多いのです。
      少し悲しいです!ただ楽しむは大事だけれどふざけて楽しむのはダメですね!素晴らしいコメントありがとうございました!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    いつか、もっと、きっと、多分、将来は、、、 そんな簡単で曖昧な言葉で人は救われる。 そんな単純な人間、楽しもう!