完璧なゴルフスイングのために矯正する事2

完璧なゴルフスイングために矯正する事1

今回の内容としましては、テイクバックから球に当たるまでの間の事になります。

この記事から読んで頂いても問題はありません

 

今回は矯正すべき点をお伝えするのが1番難しいです。

人それぞれ自分の中で確立されたテンポやバランスがある部分、ここを変えるのは物凄く努力がいります。簡単ではありません。

 

それに正直、確実なテンポやバランスが無いです。

ヘッドスピード上げるためだけなら腰の回転速くしてもらえれば速くなりますが、そうすると腕の筋肉が足りない場合インパクト時フェースが開いて球が右に飛びます。

腰の回転やテイクバックのクラブの位置でドローやフェード、打ち分けるやり方も有ります、それも基礎があってこそですが…

ともかく、それほどに少し変えるだけで崩れます。

なので個人個人のボディバランスに合ったテンポとバランスになります。

 

ですので、教える事はそのようなものではなく、単純ですがかなり違うくなる事です。

 

腕は力まないで下さい、力んでも球飛びません、というか伸びません。

腹筋には力入れて下さい!

そしてです、最重要として意識してもらうのが!

 

左足のカカトです!かかと!

テイクバックする時に左足のかかと上がる人と上がらない人いますが、上がる人注意です。

上がるのが悪いわけではありませんが、あがると、左足に体重移行する時に足の向き変わる人かなりいます。

飛ばしたいばっかりで、全身が力むと左足が開きます。

単純に、左足のつま先が球の打つ方向に向いてる事になります。

良く、左の腰の辺りに壁を作れ、とか聞きますが、これは正解であって不正解だと思います。

左足のかかと上げる人、そのままかかとを真下に下ろして下さい、もちろん最初のスタンスは足を開いてはダメですよ。

そうするとですね、速い腰の回転で打った時でも、球を打ち込み気味にバンカーショットする時も絶対左の膝が外に逃げません。

これが、壁を作るとか言う意味わからんアドバイスの原点だと思います。

ある一定のところ、そう壁を作れとか言われるところにですね、勝手にできますよ。透明な壁(笑)

 

意識すべき部分はホントに細かいところだとは思います、ただ、その小さな部分がスイング全体に影響します。

 

テイクバックからインパクト時までで共通して大事、そして矯正できる部分はそれが1番だと思います。

 

これからは左足のかかとを意識してみてください、全然違う力の伝わり方しますよ。

綺麗にもなりますし、もちろん球筋も安定します。

コツコツと小さい事を努力をしてみて下さい、最短は時に最長になりますが、その逆も然りです。

 

1番難しいとか言いながら、その難しい部分個人個人の部分は放り投げましたね、すみません。

しかし皆様共通して左足のかかとは大事ですよー!!

 

次に進む

 

では良いゴルフライフを!

スポンサード リンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

いつか、もっと、きっと、多分、将来は、、、 そんな簡単で曖昧な言葉で人は救われる。 そんな単純な人間、楽しもう!