完璧なゴルフスイングのために矯正する事1

真っ直ぐには飛ぶけど、スイングフォームが不格好だと思ってる方へ。

 

自分で感じているのなら間違いなく不格好です、ただし、それは直せます!

 

別の記事で綺麗になる方法として、応急処置のように説明をさせて頂きましたが、今回は始めから終わりまでの一連の流れの中で、意識すべき事をお話したいと思います。

 

ですがタイトルに1とついているように、この記事では、お教えできる事の一部となります。

では、皆様は自分のスイングのどの箇所が崩れている、もしくは不格好だと思っていますか?

今回はどこの箇所とは関係なく最初からの説明を致しますので、最初からは興味無いよ、と言う方は記事を飛ばしてもらう事を推奨します。

皆様のゴルフスイングは、球が前に飛んでいる以上、今の皆様に合っているフォームだとは思います。

しかし、プロの方でフォームが基本から崩れてる方を見た事が私はありません。

そして基本ができていれば綺麗なのは当たり前ですが、一般の方には中々上手くいかないものだと思います。

基本を知って、それに添えれば綺麗。でもそんな簡単な話では無いですよね。

問題は、

思うように体が動かない

変えると真っ直ぐ飛ばないから諦めた

意識しても何か違う気がする

多分ですが大体このどれかです。

では何故フォームを変えるのか。

綺麗なフォームは苦労して変える価値があります、軸が安定しているから球筋も安定しやすい、体重移動がスムーズだから飛距離を伸ばせる、慣れると疲れずらい等あります。

ですのでこの記事を読んでもらっている限り、変えてください。

では、最初に意識して変える事、それはテイクバックする時。

固い人、ブレてる人、力みすぎな人、逆にフニャフニャな人、そのような方がたくさんいます。

そしてごちゃごちゃ専門用語並べてテイクバックの事を説明してるサイトもいくつもあります、ですがそんなの意識できるわけがありません。

綺麗になるためには、もっと簡単な事を意識してもらいます

クラブヘッドの軌道を目で追わないで下さい、左肘を曲げないで下さい。

最初に意識するのこれだけです!

軌道を目で追うと、ヘッドがブレやすく、インパクト時も当たる場所がバラけやすいです。テイクバックからインパクトそして球がフェースから離れたと思うまでは球を置いていた場所に目線を置き、離さないよう意識して下さい。

それを意識するだけでも頭の軸がブレずらいのでもちろんフォームの軸もズレません、そして芯があるので綺麗に見えます。

球筋も安定しやすくなりますよ!

左肘を曲げないのも同様の理由です。

左肘を曲げると力が逃げます、そしてそのせいでヘッドがブレやすくなります。

シャンクやひっかけ、そんなのが毎度のように出やすくなります。

あとフニャフニャしててみっともない

難しい専門用語もいりません、フェースの角度とか腰の角度とか、テイクバックする時のスウェーの仕方とか、そんなの意識しろと言われるから難しく考えるのです。

ボールのある位置から目線外さない!テイクバックする時は左肘曲げない!

先ずはこれだけ意識して下さい!

最初はその2つを意識する以外は気にせず意識せずいつも通り球を打って下さい。

 

多分この2つ意識するだけでも難しいと思います、ですので、慣れて染み付くまではそれだけを練習に組み込んで下さい!

 

次のステップ2

 

次のステップ3

 

ではいいゴルフライフを!

スポンサード リンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

いつか、もっと、きっと、多分、将来は、、、 そんな簡単で曖昧な言葉で人は救われる。 そんな単純な人間、楽しもう!