打球の曲がりはほんの少しで直せる

  1. 真っ直ぐ飛ばすには?

ゴルフをやっているとどうしても直面するのが球が曲がるって事。これは色々な理由があるが、大別してドローとフェード(またはスライス)がある。ドローは左に曲がり、フェードは右に曲がる(右打ち時)

フック、ひっかけ、言葉の種類としてはかなりあるが割愛します。

かなりの人がこれに悩む。「曲がる」事が自由自在ならどれだけスコアメイクが楽になる事でしょうか。

そこで今回曲がる原因と対処をそれぞれまとめます。

 

まず初めに確認する事は自分がどちらに曲がりやすいか?って事、左か右か。それによって対処は微妙に違います。

 

初心者の人が曲がりやすいのは右、これは当たり前かのようなものです。右に曲がるのが普通と言っても過言ではない、初心者でも稀に左にひん曲げる人いますけど。

どちらにせよ、真っ直ぐが一番ですね!

 1.ボールと立っているところとの距離

これは初心者でも長年の経験者でもかなり重要で、距離が自分に合っていないだけでスランプにすらなり得る可能性があります。

まず、クラブを持たないで目を瞑ってスタンスをとってみよう、その時に腕は完全に脱力して肩からぶら下げているだけのイメージにします。それが本来のスタンス、そこからボールの距離を把握します。把握の仕方は至って簡単で、今度は何番でもいいですがクラブをもってそのスタンスをとります。腕が肩から真下になっている状態でヘッドが地面についた場所、それがボールのあるべき所です。

球をここに置いてもクラブが当たらない初心者さんはクラブが合っていないかそもそもの基礎中の基礎、構えとスイングがおかしいかのどれかです。曲がる以前の問題。

 

『左曲がりが多い場合は離れすぎ、右が多い場合は近すぎ』ばかりですね!確認して下さい。

2.グリップ(持ち方)が合っていない

これはしっかりと確認しましょう、体格によって合わせていきます。何年も経験がある場合下手に変えないようにした方がいい場合もあります。

グリップの違い

三つのグリップから更に派生があり、微妙な違いだけで球筋が変わりますが、初心者の場合確実にわからない。ですので微妙な違いの部分は王道に合わせましょう。

自然と持った時の左手の親指がクラブのソールと真っ直ぐになるのが安定した持ち方で、そこから右手を足します。まずはそのグリップで試しましょう。

経験の多い人でグリップに焦点をあてる時はほんの少しずつズラしながらハーフショットで調整します。

 

3.体の捻転、またはオーバースイング。

バックスイング時に体がしっかりと回ってない場合腕の力で打つ事になります。そうすると俗に言う「手打ち」になりバラつきは半端ではなく、右に左に暴れます。手打ちで左右に曲がる理屈は考えなくて良いです、手打ちは治しましょう。

バックスイング時は腕で上げないようにして、しっかりと体を回す事を意識しよう。

オーバースイングは逆に腕が遅れます。体の回転、戻りやダウンスイングに腕がついてきません、腕力もあって捻転も充分にできて、更にインパクト時に力を逃がさないのを意識できる人ならオーバースイングという概念はなくなりますが、基本的にオーバースイングしても飛びません。むしろ飛距離減る、曲がるで良い事ない可能性の方が高いです。

そのオーバースイングの直し方または調べ方。クラブを持ち真っ直ぐに立ってそのま真横に腕をもっていった所、それが腕の限界。で次に体の捻転を足します、この時にギリギリでキツくならない程度がベストの捻転。

その腕と体の捻転でできた回転量が自分のバックスイングの限界です。

これを越している場合は曲がりやすくもなるので注意。

 

4.ヘッドアップ

球を打ち終わった!と思うまで球の置いてあった場所を見ていましょう。

先に顔が向き上がるとバランスが崩れます、無駄に肩が上下運動する事なども多くなり「トップ、ひっかけ、シャンク、ダフリ」などオールスターで出やすくなります。

気をつけましょう

 

大抵はこの程度のもので球の曲がりを直せます。

真っ直ぐ飛ばすにはどれがダメなのか分かることが重要ですが、自分では分かりづらいことだらけです。いま述べた知識を「知っている」人に見てもらいましょう!

 

ではまた!

スポンサード リンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

いつか、もっと、きっと、多分、将来は、、、 そんな簡単で曖昧な言葉で人は救われる。 そんな単純な人間、楽しもう!