積水ハウス シーカス

SHEQAS

(シーカス)

シーカスとは積水ハウスオリジナルの制震装置で、この装置を家の骨組みに組み込む事によって、地震時の揺れを抑え、外壁や内部の歪みを軽減する優れ物です。軽減率も50%以上と地震時の制震に対して非常に魅力のある装置です。

画像は積水ハウスのHPから

シーカスを搭載した場合のメリット、デメリット

メリット

家具の損壊、家のリフォーム費用などの莫大な損失になる可能性のある事の軽減。他社物件に比べて家族の安全マージンの確保。

デメリット

積水ハウスの耐震強度自体が最高峰ですのでほぼ宝の持ち腐れ。標準搭載でない商品の場合の搭載費用が高い。家の老朽に伴いシーカス自体にも老朽化がある。全壊にほぼならないので保険の選択が難しくなる。

などですね。うーんデメリットの方が多いような…積水ハウスのお家がまず高いので気にならないかもですが、標準搭載されてもなぁ〜ってなります。良いとこを伸ばす感じですかね?地震に対しての強さは随一になると思いますが、地震ってそんなに何回も起こるかなぁと。南海トラフが起こり得る太平洋側で家を建てるのであればかなりの確率で重宝しますね。

結論シーカスは、良いかも知れないが別に無くても良い。家を買う時の判断基準にはなり得ないと思います。ただしシーカスの制震性能は非常に優れています。あれば安心なのは間違いないでしょう。

スポンサード リンク




2 件のコメント

  • 全壊にほぼならないので保険の選択が難しくなる・・・
    そこは完全に盲点でした。目からウロコ。

  • nyamuさんコメントありがとうございます!そうですね、本当に必要なのか?となる事あまり無いですからね(笑)
    ぶっちゃけ家は火災保険だけで大丈夫です、全く問題ありません( ´・ω・`)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    いつか、もっと、きっと、多分、将来は、、、 そんな簡単で曖昧な言葉で人は救われる。 そんな単純な人間、楽しもう!