家を建てる時の最も重要な事


(c) .foto project

家は、建てる職人によって天地の違いがある!


 

大和ハウス、ヘーベルハウス、ミサワホーム、積水ハウス、積水ハイム、タマホーム、一条工務店、トヨタホーム、住友林業、など地方の建築会社も合わせると物凄い量の建築会社が家を建てています。

 

この中でどの会社を選ぶか…家を買う人はとても悩みますよね、ここのプランがいい、内装が良い、外観がいい、間取りや収納が良い、色々な判断基準があると思います。

値段なんて凄い差がありますよね、家だけで1億越えるなんてのは普通にあります。

例えば、積水ハウスのイズステージという商品、ちょっと大きいと5000万余裕で越えます。

 

選ぶ基準はあれど、CMで見た事ある会社の方が信用ある気がするし、名前も知ってますよね、だから大抵の人が、知っているその中で見本となる展覧会などに行き「内装」を見て選びます。

 

もちろん内装も大事です、自分の普段目にする部分なので不満や、ん?と思う所があっても困りますよね。

 

内装や外装、見た目だけで判断すると酷い事になる事があります、一つの一つの会社に善し悪しがありますが、まぁ営業さんに上手いこと言われますから。

 

本題です。全国の同一の会社の同一の商品、ほぼ同じ造りの家。

手掛けた職人によって全く違います。現場の人じゃないと何処の地区の誰が良いかなんてそうそう分かりませんが、同じ商品なのに有り得ないぐらい違います。

一定の基準があると思っている大手メーカーですら違いがかなりあるのを知って下さい。

 

購入を考えてる人は、建築会社や商品など、そんな大ざっぱなものではなく個人まで落とし込んで、職人で選んで下さい。一生のうち1回だけの買い物の人が大半だと思いますので、後悔の無いように。

 

特に見本となるのは、既に建っている一般人の方の家です。ハウジングプラザなどの見本はめちゃくちゃ厳しく建てています。

内装も外装も普段のその会社の建て方の比になりません。

 

建築は建築会社がポンっと建てる訳じゃありません、色々な職種の個人個人の職人が組み合わせて建っています。それを把握してもらい、選ぶ基準にしましょう。

 

職人良くない時は、建てている間にクレームを言いまくるぐらいしかホントの意味では良い家にならないかもですね、あそこはうるさい客だから丁寧に頼むよ。なんて会話が当たり前ですので。

 

基盤となるメーカー、商品自体はどこがいいの?となりますと、雨漏れに強い家にしましょう。

 

地震ってそうそう起こらないですけど、雨って年間でかなり降ります、日本自体雨の多い国なので。

それに、雨漏れすると被害甚大です、家電製品なんてすぐ駄目になります、天井には染みできる、屋根裏や壁の内部にカビ生える、中の柱が腐る。

地震でドーンっと壊れる家、今はあんまりありません。そもそも耐震強度が国の基準値自体高いです。

 

そうすると雨対策の良い家を基礎としたいですね、鉄骨造の家は大半少し弱いです。

 

という訳で、メーカーや商品の判断は、雨漏れに強いとこです。あとは職人で選んで下さい!

 

どの会社が良い!!

 

は地区によってかわります、それは職人によって違うからです、一生の買い物後悔無いように!(大事な事なので2回)

 

スポンサード リンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

いつか、もっと、きっと、多分、将来は、、、 そんな簡単で曖昧な言葉で人は救われる。 そんな単純な人間、楽しもう!