7回死んだ男

7回死んだ男

ども、naoyaです。

僕が7回死んだわけでも、僕の何かを表現しているわけでもないですので悪しからず。

 

7回死んだ男

っていうタイトルの本です。紹介させてもらいます!

にしざわ やすひこ

さんの著作です、先に言いますと、これタイトル買いしたけど面白い。

書店によった際にはぜひ僕のオススメ本として購読してみてはいかがでしょうか?

 

このタイトルの、7回死んだ男自体は主人公ではありません、これがまた面白い部分でもあるのです!

 

SFやミステリーに分類されるんですかね、今だと結構ありがちな設定なはずが、展開や他の設定で斬新さしか無いように思えてしまう不思議があります。

 

どうしても殺人が防げない!?不思議な時間の「反復落とし穴」で、蘇る度に、また殺されてしまう、渕上零治郎老人ーー。「落とし穴を唯一認識できる孫の久太郎少年は、祖父を救うためにあらゆる手を尽くす。孤軍奮闘の末、少年探偵が思いついた解決策とは?

 

はい、こういう感じのあらすじですね!この落とし穴ってのはよくある設定のタイムリープ的なやつです。で、死ぬのはじじぃおじいさんです。

おじいさんは超金持ち。その相続を巡ってのお話になっているんですが、これまた最後のどんでん返しで、その考えは無かった。と言わざるを得ない!

けど途中途中で分かりやすい伏線張ってあるし誘導もしてくれてた、なのに!あ、マジか、そうなるのね(笑)ってなります!

 

ちょっとした恋のいざこざもあるから皆様が言う昼ドラ感もあって、昼ドラを見ない僕には新鮮味もあり、人ってこうなるかなぁ?って思考も出てくるから良かった。

 

僕はおもんない小説なら途中でも閉じてしまう男です、そして感想も思い浮かべないまま他のやつ読みだします、そんな人間が最後まで読んで感想もたくさんある、消化不良も無いとなると一つの作品としてオススメせざるを得ない。

 

7回死んだ男。タイトルの通り何回もおじいさん殺されます、何故毎回殺されるのか!?

考えて読むと面白いです!

 

文庫本で売っています、僕は新刊で買いましたが、人気作ではあるので古本屋にも結構ありそうですね!暇あれば探してみて下さい、その暇な時間が有意義になるのは間違いないです。

 

講談社文庫   7回死んだ男   西澤保彦

 

ではまた!

スポンサード リンク




2 件のコメント

  • どんでん返しモノの話、大好きです!
    この「7回死んだ男」もテレビかなにかで紹介されてて気になってました。
    コレは買いですね!

  • コメントありがとございます!
    テレビで!?知らなかったです!まさかそこまでとは、なかなか他の人の意見聞いて買う事が無いので気にしてませんでした(๑ ˊ͈ ᐞ ˋ͈ )ƅ̋この作品は面白いですよ!ぜひ!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    いつか、もっと、きっと、多分、将来は、、、 そんな簡単で曖昧な言葉で人は救われる。 そんな単純な人間、楽しもう!