ブログ漁りのプロ。本末転倒とはこの事

ブログの書き方

ブログの書き方って人それぞれだとは思いますが、起承転結で纏める事が多いと思います。

しかし記事にするジャンルが身の上話しではない場合、正直僕は難しいです。文才は絶対に無い!と分かってはいるのですが、流石にもう少し上手く構成できるだろ…と思います。

 

そこで僕は他の人のブログをよく漁ります。日常を話題にしているブログやカップラーメンのレポートブログや海外投資のブログやそれはもう色々な人のブログをです。

このブログをやり出してから巡回するかのように毎日の日課になっているのですが、正直ブログ漁りめちゃ楽しいです。

ブログサークルって言うサイトがあるのですが、そこはブログを書いてる人達の溜まり場です。いくらでもパクる情報落ちてます

そこでSNSのようにフォローフォロワーみたいなのがあるのですが、少数のフォローしかしてません(笑)

その方達のブログ+特定の人のブログは普段から巡回してて、更に参考にしてる時もあります。決してパクりはしてませんよ!

その中で書き方も勉強する日々です。

 

ブログサークルでの活動

そんなブログサークルなんですが、いいね機能とコメント機能とも備えているのです。

読む人達のブログは既に携帯のホーム画面にいるのでブログサークルからは飛びませんし、その機能があってもあまり使わないです。

いいねの通知なんてもはや切ってますがコメントは歓喜するので通知してますね。この記事のディスクリプションから読み取れるだけでの薄いコメントが無いっていうのがまたブログサークルの凄い所です。みなさんがみなさんの記事をちゃんと読んでます。

僕もついつい時間忘れがちで、自分の記事書くのそっちのけにしながら漁る日もあるぐらいです。これ以上読む記事増やすとホントに時間無くなるので、今のままで当分いくと思います。

 

参考の仕方

文字の構成はよく参考にさせてもらっていて、この記事でもそこでの成果を反映できたらなと思っているのですが、基本は感動した記事や思わずにやりと気持ち悪いニヤケづら晒してしまった記事を参考にしているのでわりとハードル高い気がします。

記事の導入から考えてはいるのですが、ブログ始める前は纏める事自体こんなに難しいと思いませんでした。いざやってみると超難しいです、小説とか平然と批判してきた作品ありますがやっぱり尊敬しました。著書を発売できる時点ですげぇっす。

そんなくだらないと思ってきた小説ですら今なら参考にできる気がします。もちろんしませんけどね、先に感動した小説などからストーリー構成パクってきます。

 

スクロール数とボリューム

このブログって閲覧して頂いている方の8割がモバイル端末。要するにスマホからなんですよね、自分も確認の時はわざわざスマホからやっています!むしろPCからは確認しません。

その時になのですが、画像などでスクロール距離多くしながらも読みやすくする時と文字の圧力で読みにくくも内容豊かなものにするのかってのも悩みどころなのです。

もちろん画像や見出しで区切って読みやすくするのは当たり前の事なのですがそれにもバランスというものがあります。

誰か黄金比教えてくれませんかねマジで!画像も読みやすくするために載せるのですが多すぎるとうっとおしいのです。文字だけが量多く見えるのも読む気一瞬で失せるのでホントにバランス教えてほしい。

これは参考にするブログによりけりでかなりバラバラですのでどれが良いとか分かりませんよね、しかも全ての内容を端から端まで読んでますので。バランスもなにも…

 

今回は文字のみ

そして今回のこの記事は文字のみの構成にしました、結局いつかリライト(再編集)すると思いますが、今のところこれもありかなと思いブログで遊んでます。

人のブログ漁りまくってて記事かけず、終いには自分のブログでも遊び始めるとか酷い話です。

漁るのだけはもう超上級者のそれですので、暇あれば他人のブログ見てます。自分のブログ書けよ!と自分で叱咤してやっと書きます。

記事を書くために他の人の記事を読んでたはずが、本末転倒とはまさに僕の事です。

 

もちろん書くのも楽しいんですけどね!今回みたいに遊べたりするので!情報発信者のくせしてそれはNGかもしれませんね。

ただ漁るのも書くのも楽しいのでOKって事で!

 

ではまた!

スポンサード リンク




1 個のコメント

  • ブログ漁りを始めるとやめられないのはよくわかります(笑)
    「読む」方に夢中な時は記事が進まず、「書く」方に意欲がある時は他のブログを読んでる暇がなくなります・・・
    本業がブログじゃないからなおさらなのかも?
    黄金比率なるものがあるのなら私も知りたい!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    いつか、もっと、きっと、多分、将来は、、、 そんな簡単で曖昧な言葉で人は救われる。 そんな単純な人間、楽しもう!